メタルTシャツショップ「METAL IS FOREVER」にようこそ!

  • トップページ
  • 商品一覧
  • ショップについて
  • ご利用案内
  • 買い物かご
  • お問い合わせ

メタルで英語を覚えるメタル英語レッスン動画

お気に入りのTシャツを長く着続けるためのTシャツ洗濯、保管術

METALLICA (メタリカ)商品一覧

QUEEN (クイーン)商品一覧

JUDAS PRIEST (ジューダス・プリースト)商品一覧

HELLOWEEN (ハロウィン)商品一覧

SLAYER (スレイヤー)商品一覧

MEGADETH (メガデス)商品一覧

ANTHRAX (アンスラックス)商品一覧

GUNS N' ROSES (ガンズ・アンド・ローゼズ)商品一覧

BLACK SABBATH (ブラック・サバス)商品一覧

DEF LEPPARD (デフ・レパード)商品一覧

AVENGED SEVENFOLD (アヴェンジド・セヴンフォールド)
商品一覧

BULLET FOR MY VALENTINE (ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン)
商品一覧

お知らせ
2024/06/28かかりつけ医に早期発見治療が必須!がんに打ち勝ったHR/HMアーティスト達!
2024年6月26日にX(旧TWITTER)に、
聖飢魔兇投稿したお知らせ、

「デーモン閣下に関するお知らせを公式HPにアップロード致しました。」といった内容で、
デーモン閣下はかかりつけ医に進められ今年2月に内視鏡検査を行い、
その際に早期のがんが発見、
4月から5月にかけて検査入院と手術を行い、
5月下旬には無事退院したとのお知らせでした。


無事退院と言うことで安堵すると共に、
閣下は2019年、厚生労働省の「上手な医療のかかり方」大使に任命され、
さらに2013年からは広島県がん検診啓発特使に就任、
かかりつけ医の普及啓発のために全国を回っており、
時には知事と対談することも。
(かかりつけ医の公式サイトでは、
閣下の紹介文で「魔暦紀元前 16(1983)年、
ロックバンドの姿を借りた悪魔集団「聖飢魔II」の歌唱・説法方として現世に侵寇」と
記載されています。
悪魔と書かれているので日本以外だと厳しそうですね)


 
かかりつけ医のメリットとして、
「いきなり大病院や時間外に病院に行くことで
医師の労働負担、緊急担当の医師が疲弊せずに済む」ことなどを、
イベントなどで語っています。




また新型コロナウイルス蔓延時には
受診控えが問題視されていましたが、
「がんは早期発見すれば5年後、10年後の生存率が上がる」ともコメントしていました。

正にかかりつけ医の存在とがんの早期発見早期治療、
この上ない説得力です!


HR/HM界はバンドもファンも高齢化が叫ばれていますが、
今後も楽しくHR/HMを楽しむため、
病気は早めに見つけて治療していくと啓発の意味で、
がんが見つかったものの無事に治療し、
現在も活躍するHR/HMミュージシャン達にスポットを当ててみようと思います!


やはり最初に思い浮かぶのは、
NIGHTWISH(ナイトウィッシュ)のヴォーカルとして、
美しい歌声を聞かせてくれる、
Floor Jansen「フロール・ヤンセン」。

2022年10月26日、
40代になった彼女はマンモグラフィー検査を受けて、
自身では何も異変は感じていなかったものの、
乳がんであることが判明し2日後には手術。

手術は無事成功し、
マンモグラフィー検査を受けて欲しい、
また男性については奥さんや彼女、
お母さんや姉妹に検査を受けるように言って欲しいとしています。


IRON MAIDEN(アイアン・メイデン)のヴォーカル、
Bruce Dickinson「ブルース・ディッキンソン」は2014年、
定期健診の際に舌の裏側に小さながんを発見、
喉頭癌と診断され、
7週間、化学療法と放射線治療を行い完治しています。

ブルースはこのがんを乗り越えて、
命の大切さに気が付いたと言います。


MEGADETH(メガデス)のDave Mustaine「デイヴ・ムステイン」も、
2019年に喉頭がんを患い、
なんとデイヴは同じく喉頭がんを患ったと言うことでブルースに電話で相談!

特別親しい間柄というわけではなかったようですが、
ブルースからは「ポジティブなものに囲まれ、不要なストレスを自身にかけないように」と
アドバイスをされたようです。

やはり仲間、経験者からのアドバイスは重要ですね!

デイヴも無事がんを克服し、完治したと報告しています。


Y&TのDave Meniketti「デイヴ・メニケッティ」は、
2022年2月19日にがんであることをSNSで告白。

早期の前立腺がんであることが発表され、
90%完治することと、
定期的に健康診断を受けて欲しい、
それをしなかった人をたくさん知っており、
それが生死の分かれ目になっているとコメントしています。


EXODUS(エクソダス)唯一のオリジナルメンバーTom Hunting「トム・ハンティング」は、
2021年2月に胃の扁平上皮がんを公表、
胃の全摘出手術を受け、他にも抗がん剤治療なども行い、
無事に復帰しています。


元HANOI ROCKS(ハノイ・ロックス)のオリジナル・ギタリスト、
Nasty Suicide「ナスティ・スーサイド」は、
アルバムのレコーディング中に前立腺がんが判明。

化学療法を行っていたため、
レコーディングは少しずつしかできなかったようですが、
良い方向に向かっているとポジティブにとらえています。



2012年にはANTHEMのリーダーでベーシストの
柴田直人さんは定期的に受けていた区の定期検診で、
早期胃癌が発覚。

胃カメラはいつも受けていなかったようですが、
思い立って受けてみるとがんが判明。

ステージ2のがんだったようですが、
セカンドオピニオンを受けてぎりぎりステージ1との診断。

ツアーは延期となり、
腹腔鏡手術で胃の3分の2を切除、
食事の際に気分が悪くなる
ダンピングに苦しめられたりもしましたが無事に復帰し、
現在では健康的な生活も送っているようです。

医療系メタルバンドAnatomyで活動するババロアさんは、
高校3年生の時、17歳という若さで甲状腺がんを患いましたが完治、
またこれが医師になるきっかけとナリ、
現在では形成外科の医師、そして学生時代からも活動していた音楽活動を両立しています。



今回は触れませんでしたがもちろんがんが発覚し、
治療の甲斐なく天国に旅立ってしまったケースもあります。

しかしがんは不治の病という時代は終わり、
早期に発見し、適切な治療を受けることが出来れば、
今までと同じ生活を送ることが出来る可能性が非常に高くなっています。

がんを患ってしまい、最悪なケースになれば、
今後のHR/HMを聴くことが出来なくなる、ライヴに行けなくなる訳ですので、
そんな悲劇が起こってしまわないよう、
検診を受けてみてはいかがでしょうか?

もちろん僕自身毎年検診を受け、
今年は胃カメラでの検査もしてきました!

かかりつけの先生にチェックしてもらいおそらく問題なしとのこと、
胃専門の先生にも毎回確認してもらっているため、
来週はその結果を聞きにいくところです!


 

アクセス : 181

山本譲二さんのメタル曲「言論の自由」のティーザー映像が公開!

お知らせ一覧

ページトップへ

Copyright (c) メタルTシャツ専門店 METAL IS FOREVER all rights reserved.