メタルTシャツショップ「METAL IS FOREVER」にようこそ!

  • トップページ
  • 商品一覧
  • ショップについて
  • ご利用案内
  • 買い物かご
  • お問い合わせ

メタルで英語を覚えるメタル英語レッスン動画

お気に入りのTシャツを長く着続けるためのTシャツ洗濯、保管術

お知らせ
2018/04/20あれ!?あのバンドの読み方がいつの間にか変わってる!
こんにちは!
メタルTシャツショップMETAL IS FOREVERの本間です!
 
ブラックメタルバンドDIMMU BORGIR 「ディム・ボルギル」の来日公演が10月に決定!
5月発売のアルバムもなんと約8年ぶりなので、
ライヴ、新作どちらも楽しみな方が多いのではないのでしょうか?
 
ところでこの「ディム・ボルギル」に
違和感を覚えた方も多いと思います、
 
DIMMU BORGIRといえば知っての通り、
今までの表記はディム・ボガーでした。
 
DIMMU BORGIRはアイスランド語で「黒い砦」を意味しており、
アイスランドでは観光スポットだったりします。
 
日本の観光スポットサイトでもディムボルギル表記での紹介となっています。
 
バンドのDIMMU BORGIRは長らくディム・ボガー表記でしたが、
2017年のDVD、フォーセズ・オブ・ザ・ノーザン・ナイトから
本来の発音に近いディム・ボルギル表記となりました。
 
海外の発音、日本のカナ表記の問題で、
読み方が変更になったバンドは多いですね!
 
有名なところではやはりARCH ENEMY!
現在は「アーチ・エネミー」表記ですが、
最初は「アーク・エネミー」でした。
 
本来は一語で「ARCHENEMY」、
最大の敵、魔王、サタンといった意味があるのですが、
アーチは橋のイメージがあるため、
日本では当初アーク・エネミーでした。
 
2011年のKHAOS LEGIONSからようやくアーチ・エネミー表記になったので、
アーク・エネミー表記の時代は結構長かったんですよね。
 
あと思い出されるのはQUEENSRYCHE!
現在は「クイーンズライク」表記ですが、
初期のころは「クイーンズライチ」表記、
これは読み間違いにからこのように表記されたようですね。
 
逆に何度も変更があったのは、
ドイツのスラッシュメタルバンドKREATOR。
 
最初はクリーター表記でしたが、
リリース元のレコード会社変更に伴い、
クリエイターに変更され、
その後再度クリーターになり、現在ではクリエイター表記となっています。
(日本のメタルゴッド伊藤政則氏も現在クリエイターと発音)
 
現在本来の発音に近い表記に代わるケースが多いですが、
本来の読みとは異なったまま浸透しているケースも。
 
スウェーデンのエクストリーム・メタルバンドMESHUGGAHは
現在日本で「メシュガー」として親しまれていますが、
正しい発音は「メシューガ」とされています。
 
HELLOWEENの発音についても、
本来はHALLOWEENですが、
メタルっぽく地獄(HELL)を入れようということでHELLOWEENになったので、
「ハロウィン」よりも「ヘロウィン」が正しい発音となります。
 
そしてNAPALM DEATHは「ナパーム・デス」ではなく、
「ネイパーム・デス」が正しい発音となります!
 
これには違和感ありまくりですね!
 
バンドに敬意を表してできるだけ本来の発音に近い表記がいいのですが、
日本語カナ表記の限界や、
数十年にわたって日本で定着した表記だと変えにくいという
難しい問題がありますので
”正しい発音もある”ということを覚えておくのがよさそうですね。


 

アクセス : 241

ブラックメタル界の王者DIMMU BORGIRが来日決定!

お知らせ一覧

ページトップへ

Copyright (c) メタルTシャツショップ METAL IS FOREVER all rights reserved.