メタルTシャツ|海外直輸入アイテム通販|METAL IS FOREVER

元MEGADETHのニック・メンザ死去… (2016/5/27)

こんにちは。
メタルTシャツショップMETAL IS FOREVERの本間です。


22日、日曜の夕方に衝撃的なニュースが飛び込んできました…。

そのニュースは元MEGADETHのドラマー、ニック・メンザ死去のニュース。

デマなのではないかと思いましたが、
デイヴ・ムステインが、
ニック・メンザの死についてTwitterでコメントを残していたことから、
残念ながらデマではなく真実であることがわかりました。


2016年5月21日(現地時間)、ロサンゼルスのジャズクラブで、
自身の所属するインストゥルメンタル・バンド「OHM」のライヴ中に、
心臓発作で倒れ、
心肺蘇生法が試みられたものの、
そのまま帰らぬ人となってしまいました。


ニック・メンザの略歴について触れておくと、
ジャズ・サックス奏者、ドン・メンザの息子として産まれ、
ドラムを始めたのは2歳の頃。

18歳になり本格的な音楽活動を始め、
チャック・ビーラーの後任としてMEGADETHに加入。

名盤RUST IN PEACEはマーティ・フリードマンとニック・メンザの在籍時としては第一弾のアルバムで、
MEGADETH黄金期とされるこのラインナップは以後10年続いていくこととなりました。

RUST IN PEACEはグラミー賞ベスト・メタル・パフォーマンス部門にノミネートされ、
翌年リリースのCOUNTDOWN TO EXTINCTIONは全米チャート初登場2位にランクインするなど、
まさに黄金期にふさわしいものでした。

しかしながらニックは1998年に膝を痛め、
このまま解雇されてしまいました。

MEGADETHは2000年に解散、
2004年に再結成され、
黄金期のメンバーであるニックの参加が予定されていましたが、
「準備不足」で復帰はかなわず。

2014年にはMEGADETHからクリス・ブロデリック(G)とショーン・ドローヴァー(Dr)が脱退し、
ファンからは黄金期のメンバー、
ニック・メンザとマーティン・フリードマンの復帰を期待する声が上がっており、
デイヴも「みんなの希望はわかっている」とコメントしていました。

ニックも復帰に意欲的でしたが、
(のちに2014年12月にデイヴのスタジオで、
MEGADETH復帰のテスト・セッションをするニックの映像も公開されました)
LAM OF GODのクリス・アドラーがゲスト・ドラマーとして参加し、
またしてもニックの復帰は流れてしまいました。

結局MEGADETH復帰はかないませんでしたが、
黄金期のメンバーとしてMEGADETHを支え、
その功績は間違いなく大きく、そして素晴らしいものです。

RUST IN PEACEを初め、
ニックの残したものは、
色あせることなくずっとメタル・ファンの心を熱くしてくれるはずです。

R.I.P.


本間辰也