メタルTシャツ|海外直輸入アイテム通販|METAL IS FOREVER

日本のメタルが海外で快挙達成! (2016/4/15)

こんにちは!
メタルTシャツショップMETAL IS FOREVERの本間です。
BABYMETALの最新アルバム「METAL RESISTANCE」が
世界各国のチャートで上位に食い込んでいます!

アメリカ・ビルボードの総合アルバムチャートで39位にランクインし、
これは1963年に坂本九さんのアルバム、
「Sukiyaki And Other Japanese Hits」が14位に入って以来なんと53年ぶり、
史上2組目の快挙です!


イギリスの週間アルバム総合チャートでは初登場15位でランクイン。

これはイギリスアルバムチャートでの日本人グループの歴代最高記録で、
1975年に富田勲さんの「Snowflakes Are Dancing(月の光)」が 17位にランクインして以来、
なんと41年ぶりの記録更新とのこと!

オーストラリアのチャートでも7位となり、
オノ・ヨーコがジョン・レノンと共作した『Milk And Honey』(1984年)で4位にランクイン、
日本人だけのグループではこれが最高で、
トップ50に入った日本人のみのアーティストはいなかったようです。

メタルバンドの海外チャート入りといえば、
LOUDNESSの「THUNDER IN THE EAST」がビルボードチャート74位、
「LIGHTNING STRIKES」がチャート64位、
日本のバンドにおいて、ビルボード100位圏内に入ったのはLOUDNESSが初めてで、
これも恐ろしいほどの快挙でしたが、
それすらも上回る結果となりました。

LOUD PARK 13で初めてBABYMETALがラウパ登場し、
この時はほとんどの人がメタルxアイドルはダメだろうと思っていましたが、
(僕もその一人でしたが)
いざライヴが始まってみると、
意外なほどにかっこよく、面白く、思わず魅了されてしまいました。

バックバンドは「神バンド」と呼ばれており、
ギタリストの大村孝佳氏をはじめとして非常にレベルが高いため、
海外でも評価が高いです。

ただVoはいわゆるアイドル的な歌唱なので、
ダメな人はなかなか受け付けないと思います。


しかしながらメタルは様々な要素の音楽をとりんんで進化してきており、
古くはクラシックとの融合、
ANTHRAXはヒップホップ・グループPUBLIC ENEMYと共演してラップメタルを確立。

SEPULTURAは民族音楽の楽器やリズムを取り入れ、
日本でもメタルとアニメを融合させたANIMETALが誕生しました。

JUDAS PRIESTは過去にシンセギター導入し、
MOTLEY CRUEはグランジロック寄りになったことで、
ファンから批判されましたが、
今になって聞き返せば非常にクオリティは高く、
新しいことにチャレンジしていたことは間違いではなかったと感じます。


BABYMETALは正統派メタルからは離れていますが、
チャートのランクインを見ると実際に世界で認められており、
アイドルっぽさに目をつぶれば楽曲のクオリティも非常に高いもので、
新しいメタル像を確立したといえます。

今まではメタル界の異端児、イロモノといった扱いでしたが、
日本初のメタルが世界で認められたというのはうれしく思いますね!

 

本間辰也