メタルTシャツ|海外直輸入アイテム通販|METAL IS FOREVER

今年のグラミー賞、HR/HMの受賞者は? (2016/2/19)

先日発表された2016グラミー賞!

「最優秀メタルパフォーマンス」部門では、
AUGUST BURNS RED「Identity」、
LAMB OF GOD「512」、
SEVENDUST「Thank You」、
SLIPKNOT「Custer」、
GHOST「Cirice」がノミネートされていましたが、
今年受賞したのはGHOST「Cirice」でした!



GHOSTはスウェーデン出身のバンドで、
CATHEDRALなどで活躍した、
リー・ドリアンの主宰するライズ・アバヴ・レコーズから2010年にデビュー。

Voパパ・エメリトゥス2世のドクロに法衣という、
インパクト抜群の見た目から、
サタニックメタルと勘違いされることも多いですが、
サウンド的には70年代のハードロックに若干のドゥームメタルをプラスし、
爽やかなクリーンヴォイスで、
非常にポップなものです。

2015年リリースのアルバム「MELIORA」は、
スウェーデン、フィンランドのチャートで1位、
全米チャートでも8位を記録。

その不可思議でなんとも耳に残るサウンドで、
人気、実力とも評価されているバンドです。

前回の「最優秀メタルパフォーマンス」部門は、
TENACIOUS DによるDIOのカヴァー「The Last In Line」だったので、
まともに審査されていないんじゃないかとも言われていました。
(事実グラミーではロック、特にメタルは軽視されている現状です)
今回のGHOSTの受賞に関しては納得ですね。

SLIPKNOTは「.5: The Gray Chapter」が
最優秀ロック・アルバム賞にノミネートされていましたが、
残念ながら受賞はならず…。

フロントマンのコリィ・テイラーは、
過去にハードロック、メタル部門が統合されたことで、
「グラミーはメタルをリスペクトしていない」とも発言。

先日も「グラミーなんてクソみたいなものに
時間を割いている暇はない」とも発言していました(笑)

今後SLIPKNOTがグラミー受賞の暁には、
全力で辞退して伝説を作ってほしいものです(笑)

本間辰也