メタルTシャツ|海外直輸入アイテム通販|METAL IS FOREVER

学祭でメタルの演奏が禁止!? (2015/5/29)

こんにちは!
メタルTシャツショップ
METAL IS FOREVERの本間です。 

以前からネットで話題となっており、
ついにYAHOO!ニュースにまで取り上げられた、
「青山学院大学の学園祭でのメタル演奏禁止騒動」。

YAHOO!ニュースでのこのニュースを見た方も多いと思います。


この騒動について簡単にまとめると、
青山学院大学相模原キャンパス開催される学園祭、
「相模原祭」の屋外ステージで、
「メタル系バンド団体は募集しません」と明記されていたことに端を発し、
メタルファンや他の大学のメタル・サークルより、
多くの批判が殺到しました。

運営側はこの件に関して謝罪し、
「幅広い年代の方が多く来場してくださる相模原祭に合った演奏」を求めてており、
「昨年、メタル系バンド団体の演奏を見ていた子どもやお年寄りが
怖がってしまったため」というのがメタル禁止の理由とのことです。
(教室内での演奏は許可されているようです)



確かにデスメタル、デスコア、メロデスなどは、
メタルを知らない方にとっては心地よいものではないです。

子どもやお年寄りの前で強制的に、
コープスペイントでデスヴォイスを聴かせるのはナンセンスですが、
だからといって一方的に禁止として締め出すのはもっとナンセンスです。

当然のことながらメタルの定義は幅広く、
他の音楽ジャンルにはないほど細分化されています。

デスメタル系など一般受けはしないものを禁止するのならわかるのですが、
メタルをすべてひとくくりで禁止とというのは残念に他なりません。

今回この憂き目にあってしまったメタルサークルについては後程書きますが、
運営側で「デスメタルなどの激しい曲はやらないでほしい」といえば、
サークルで対応することもできたはず。

メタルのみ禁止でパンクやハードコアについては禁止となっておらず、
「子どもやお年寄りが怖がってしまったため」という理由が、
音量なのか、パフォーマンスの問題なのか、楽曲の問題なのか、
運営側にはこのあたりをしっかりと回答してほしかったですね。


さて今回の騒動で一躍有名となったメタルサークル「Naked Wednesday」。


一体どんなサークルなのかと調べてみると、
大学祭の音源がありました!




Arch EnemyのNemesisもプレイしており、
想像以上にうまくてびっくりです!

動画ではパフォーマンスでサークルピットをあおったり、
ヴォーカルもデスヴォイスのため、
一般の方には受け入れにくいものでしたが、
演奏技術があるので、
「もっとライト層向けの曲を演奏してほしい。
もし出来なければ屋外での演奏は許可できない」と運営が話をすれば、
ここまでの騒動にはなら無かったのではないかと感じます。



メタルは日陰者というイメージがあり、
運営が禁止措置を取るもの仕方がない面もあるのかもしれません。

サークル側も大学祭で演奏せず、
ライヴハウスで演奏したほうがいいのかもしれません。

しかしながらせっかくの大学祭ですので、
お互いが嫌な思いをせずにする方法はあったはずですので、
運営側にはもっとしっかりしてほしいですね。


メタル禁止となってしまいましたが、
メタルサークル「Naked Wednesday」、
そしてメタルというジャンルについて大きく知られたのは、
怪我の功名かもしれないですね。

本間辰也