メタルTシャツ|海外直輸入アイテム通販|METAL IS FOREVER

LOUD PARK 14、2日目のライヴレポ! (2014/10/31)

こんにちは!
メタルTシャツショップ
METAL IS FOREVERの本間です。

さて今回はLOUD PARKのライヴレポ2日目。

時間の関係でARIONはちょっとだけ見ましたが、
なかなかよさげなバンド。

ドラムのトピアス・クピアイネンは
STRATOVARIUSのマティアス・クピアイネンの弟で、
そのせいもあってかとてもメロディアス。

Voがパンクっぽいルックスなので、
経験しがちな人も多いかもしれませんが、
これからが楽しみなバンドです。


続いてはポストBULLET FOR MY VALENTINEと評される、
GLAMOUR OF THE KILL。

ESCAPE THE FATEとツアー中だったのですが、
バンドが日本でのライヴを熱望したとのこと。

前評判通りかっこよく、
キャッチーでありモダン。

会場の盛り上がりもすごく、
WALL OF DEATHも起きていました。


ヴィジュアル系のthe GazettEは、
メタラーからは避けられそうな感じでしたが、
声はヴィジュアル系ではありましたが、
演奏陣などは悪い印象は無し。

MCでは「俺たちもメタルが好きだから〜」ということを言っていましたし。


THUNDERは圧巻!
激しめのバンドが多い中でも、
しっかりと存在感を放っており、
特にオーディエンスを盛り上げるのがうまい!

手拍子を抜群のタイミングで起こして、
1曲目から会場を引きこんでしまった。

やはりベテランバンドはすごい。

英語もわかりやすいものばかりだったし、
オーディエンスをとても楽しかったと思います。


HAUNTEDは1曲目からマルコが額から流血していました。
マイクの調子が悪くて、
額にごつごつ当ていていたからのようです。

選曲もベストに近く、
盛り上がりがヤバかったので、
前列はどうなっていたのだろう…。



RIOTも納得のステージ!
今は亡きマーク・リアリのスライドショーから始まり、
Narita、Fire down underと続きます。

新ヴォーカリスト、トッド・マイケル・ホールのハイトーンも素晴らしく、
RIOTらしい圧巻のステージ!

特に最後のWARRIOR〜THUNDER STEELの流れに超感動!!


DEATH ANGELで期待したのはやはりあのザクザクしたリフを生で聴くこと!
ニューアルバム「Dream Calls For Blood」中心のセットリストで、
会場の盛り上がりも最高潮!



WITHIN TEMPTATIONは
とにかくシャロンの歌声やアクションが最高すぎでした!

美しさとかわいらしさを兼ね備えており、
1時間があっという間に過ぎてしまいました。


個人的2日目のベストアクト。


KREATORは休憩をはさみつつちょこちょこと見ていましたが、
激しいバンドの多い2日目の中でも、
特に盛り上がっていました!


さて残りは大トリDREAM THEATER!

オープニングのアルバムアートワークを使った演出に感動!

ただフェスということ、
単独公演もあることを考えると
もっとわかりやすい曲が多い方がよかったですね。
(後が途切れてしまう機材トラブルもありましたし…)

とはいえ変態的なプレイを生で見ること、聴くことができたのはよかったです。

途中抜け出してクロークの荷物を取りに行ったのですが、
そこでヘヴィメタル芸人の「橋山メイデン」さんと遭遇!
FACEBOOKなどではつながりがあったのですが、
お話しできる機会があってよかったです!


色々問題はあったものの、
やはりLOUD PARKは面白かったです!

来年は記念すべき10周年となるので、
今回の反省をいかして、
本当にメタラーが楽しめるフェスにしてほしいですね。
できれば大トリにはIRON MAIDENあたりを(笑)


本間辰也