メタルTシャツ|海外直輸入アイテム通販|METAL IS FOREVER

あのギタリストと日本のアイドルがコラボ? (2014/6/6)

こんにちは!
メタルTシャツショップ
METAL IS FOREVERの本間です。

以前もお伝えした日本のガールズバンドへの海外の注目。

今回別の意味で注目されそうな楽曲が!

ももいろクローバーZの楽曲で、
猛烈宇宙交響曲・第七楽章『無限の愛』というものがあるのですが、
イングヴェイ・マルムスティーンがギターをプレイするVerが、
世界約120カ国で配信されることになりました!
(国内では配信済みで、
海外は6月18日より配信)


その名も「猛烈宇宙交響曲・第七楽章『無限の愛』(Emperor Style)」!


2012年にリリースされたこの曲、
オリジナルバージョンでは
マーティ・フリードマンがギターを担当していました。

MEGADETH脱退後に日本へ移住し、
J-POPアーティストのバックバンドとしても活躍していたので、
マーティがももクロの曲でギターを弾いているのはまだわかるのですが、
まさか王者イングヴェイVerが発表され、
世界配信までされるとは!

イングヴェイといえば知っての通り、
天上天下唯我独尊な性格。

日本の、しかもアイドルとのコラボとなると、
いったいどんな経緯でギターをプレイすることになったのか、
かなり謎ではありますが、
Fire And Iceがオリコンチャート1位、
The Seventh Signも2位を獲得するなど、
90年代はほとんどのアルバムが、
オリコン10位以内を獲得していたこともあるので、
日本の音楽市場を再度意識しているのでしょうか?
(マーティとのつながりがあったのかもしれないですが。)

そのマーティはと言いますと、
ChthoniCのFreddy Limとともに、
ももいろクローバーZのメタルカバーバンド、
「鉄色クローンX」(メタルクローンエックス)を結成。

LOUD PARK 13にも出演していたので、
実際に曲を聴いた方は結構いらっしゃると思います。

僕もLOUD PARKで見て、
ももクロの曲は知らなかったのでピンとこなかったのですが、
やはり演奏は凄まじいものでした!


さてこのイングヴェイVerのももクロの曲、
海外での反応はどんなものになるのか、
非常に気になるところです。

本間辰也