メタルTシャツ|海外直輸入アイテム通販|METAL IS FOREVER

LOUD PARK 13 ライヴレポ!Mizuchang様より

LOUD PARK 13 ライブレポ Mizuchang様

KATANA、Kiriste Gomen、Shogun、Ninja!

あの興奮の空間から早1か月超。
ついにこの日記を書くときがやってきました。

ついに2日開催が復活した今年のラウドパーク。
08年から続く連続参戦を今年も伸ばしてきました。
初日はSLAYER、2日目はSKULL FISTのTシャツで行ってきました。
今年はラインナップが地味な印象があるからか、
チケットの売れ行きは芳しくなかったようで、会場も結構すいてました。
でも、へヴィメタル全体を聴く人からしてみたら
今年もいいラインナップだったわけですよ。
なんだかんだでグッズに並んでたCrossfaith以外はかなり見れました。

とりあえず全部書くと終わらないので、ざざっと行きます。

まずは初日、2日目の活きのいい若手。
11年、12年とオープニングアクトが
心から盛り上がれる感じではなかったので、
今年のオープニングは燃えました。
フィンランドの若きスラッシャーLost Society!
やっぱりオープニングはこういうバンドがいい!
そして2日目の若手といったらEnforcer!
もうこの古臭いへヴィメタルはなんなんですか。
曲はMizuchangのドツボにはまっており、
メンバーのフォーメーション、
そしてイケメン具合も最高でした。
こういう大きな会場で見れて幸せすぎます。
来年からもNWOTHM勢はぜひ出してほしいところです。

もちろん中堅勢も負けてはいません。

Lordiは本当にあの恰好だった(当たり前?)
Carcassは相変わらずのグロテスクな映像
Angraはサポートボーカルもよかった
(さすがにCarry onは出てなかったけど)
独特なスラッシュメタルなMOKOMAで盛り上がり
Amorophisで哀愁を感じ
貫録さえ感じられるTriviumで盛り上がり、
一体、何度見たことかと思いつつもやっぱりかっこいいアモット
セットリストもパフォーマンスも最高だったStratovarius

どのバンドも本当に楽しかったです。

そして大御所。

Europeのパフォーマンスは本当に貫録にあふれてました。
もう興奮しすぎて、
CDとDVDを購入してしまう始末。ぜひまた見たいです。

そしてLast in Line。
ボーカルがどんな人か不安はあったものの、
かなり力強いボーカル、
そして時にはDioを彷彿させるような歌声。
もう聴きながら、Dioへの思いがあふれてきて大変でした。
もちろんこれからも空高くメロイックサインを掲げます。

そしてそしてすべてが伝説的だったインギー。
もうステージの5分の3くらいは彼のためのスペース。
隅のほうで弾いているキーボードがメインボーカルだったり、
ひたすら引き倒すスタイルだったり、
インギーワールドを堪能できました。
あ、もちろんギターはすごかった!

今回のラウドパーク。
直前にまさかのKing Diamondのキャンセルがあったりと、
いろいろと不安なところもありましたが、
行ってみれば相変わらずの空間。
終わった後の全身の痛み&あざ。
やっぱりラウドパークは僕のエネルギー源です。
なんか毎年言ってるけど、
ラウドパークがあるから1年間仕事を頑張れる。
そんな時間を過ごすことができました。

また来年以降も2日開催されることを祈りつつ、
今年のラウドパーク日記としたいと思います。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。
今日のエンディングは今年のベストアクトであるEuropeの代表曲をどうぞ。



Keep the Faith!
Stay Metal!

以上、Mizuchangがお送りしました。

本間辰也