メタルTシャツ|海外直輸入アイテム通販|METAL IS FOREVER

Ozzfest JAPAN 2013 ライヴレポート 第2弾

Ozzfest JAPAN 2013 ライヴレポート 5/11  Buront様

OzzfestJAPAN、参戦してきました!
自分は1日目の夕方から参加してきました。

本当は朝から参加したかったのですが、自分はSlipKnoT目当てで且つ前日深夜勤だった為、
午前中は寝て最後しっかり暴れられるように備える事にしました。
会場入りした時にはももいろクローバーZがちょうど始まった時だったので、
ももクロ・マキシマムザホルモン・SLASH・SlipKnoTの4組を見ることが出来ました。

ももクロ着いたばかりでしたので後列からの観戦
フェス前から参加について色々論争が巻き起こっていましたが、
実際観てみるとなかなか盛り上がっていた印象でした。
セットリストは結構メジャーな曲が多く、
彼女らのファンでなくてもある程度楽しめたかと思いました。
Ozzfestにアイドルが参加すると聞いたとき、個人的には嫌悪感はなくとも
驚きを隠せなかったですが、実際終わってみると
他のアイドルだったら盛り上がることはなかったでしょう。
ももクロだったからまだ成立したのかと思いました。
外国人の方々も意外にノリノリでした(笑)

続いてマキシマムザホルモン
自分が会場をいろいろ回った時、
一番多いTシャツはSlipKnoTでしたが
次に多かったのはホルモンだったと思います。
ホルモンもメジャー曲目白押しでした。
最前列の盛り上がりはもちろんの事、
後列もヘドバンして盛り上がる人が多くいました。
What;s up people?!で幕を開けると
食糧や飲み物の行列でも皆ヘドバンしていましたw
またホルモンはMCが凄く上手く、
笑いと煽りが両立されていて日本人なら誰もが盛り上がったと思います。
個人的に凄いと思ったのが、ホルモンのファンはもちろんの事、
他のバンTを着てるメタラー・
加えてももクロのファンまで皆一緒になって
ヘドバンしてたのには驚きと感動を覚えました。

観覧フロアに飲食物持ち込み禁止だったため、
自分はホルモンが始まる前に水分補給とトイレに行き
ヘッドライナーのSlipKnoTに備えたのですが、
その際多くの外国人達が休憩モードになっていたので、
外国人にはあまり受けてないのかな〜とも思いました。
ただやはり一日目の日本のトリという事もあり大盛り上がりでした。

自分はここでホルモンのファンが引き上げてくるのと
入れ替わりになるようにパープルステージ前列へ移動。
前に行くのも一苦労でしたが、
最前とはいかないまでもメンバー達がしっかり見れる位置に付くことができました。

次はブラックステージのトリ、SLASH!
ここからガラリと雰囲気が変わり本格的なメタルモード!
前列の方にもじわじわと外国の方々が増えてきました。
やはりSLASHのギターソロは鳥肌もののかっこよさでした!
自分はあまりSLASHを聴いたことがなかったのですが、
それでもメタル魂を持つ者なら聴き惚れて自然と体が動いてしまう、
そんな感じで盛り上がっていました!
気付いたのはブラックとパープルの盛り上がりの違いでした。
もちろん目の前のブラックステージは大盛況でしたが、
パープルステージは思ったより静かでした。
それは盛り上がっていないという訳ではなく、
何か力を溜めているといった感じでした。

そしてついにヘッドライナー、SlipKnoT!
自分は彼らを見る為に夜勤明けの体に鞭打ってオズフェスにきました!
前回来日の時は受験で行けなかった為、約5年ぶりの念願が叶った瞬間でした!

開始時間が若干遅れていたのもあり、焦らされていた分、
登場と共に会場全体が一気にヒートアップ!
Disasterpieceから始まったSlipKnoTのステージは
盛り上がりが途絶えることはなかった!
約20曲ほど、ワンマンよりも
豪華ではないかと感じるほどのセットリスト!
ステージ演出も火花、爆発、吹雪と
ヘッドライナーにふさわしいド迫力っぷりでした!

個人的に盛り上がったのはコリィの日本語煽り。
定番の「ナカユビタテロー!」「サケベ―!トウキョー!」を
生で聴けたのはもちろんの事、
The Blister Existsでの「イチニーサアアアン!」、
Heretic Anthemの「ゴーゴーゴー!ロクロクロク!」には
日本人ならば興奮せずにはいられなかったのではないでしょうか!?
そして一番感動したのはステージのバックが△紡紊錣
ポールへの追悼の意を込めたDuality。
曲前のコリィのMCで少しうるりときてしまいました・・・、
生前のポールもこの場で見たかったと思わずにはいられませんでした。
SlipKnoTはアンコールにもしっかり応えてくれ、
Spit It Out・People=Shit・Surfacingの3連発と
最後まで爆発的な盛り上がりでした!

自分のいたところは最前列ほどではなかったですがモッシュの嵐!
しかも気付いたらごっつい外国人たちに囲まれていて
めちゃくちゃハードなモッシュ合戦になりました!
予想以上に激しいモッシュでしたが、
曲が終わる度にハイタッチやメロイックサインを交わし最終的に凄く仲良くなりました。
音楽に国境はないを肌で感じることが出来ていい経験となりました。

半日でしたが汗だくになりつつも駆け抜けたOzzfest1日目でした。
またSlipKnoTが来日した時は必ず行きます!今度は朝からぶっ飛んでいく所存です!

本間辰也