メタルTシャツ|海外直輸入アイテム通販|METAL IS FOREVER

LAMB OF GODの裁判で無罪判決! (2013/03/08)

こんにちは!
メタルTシャツオンラインショップ 
"METAL IS FOREVER" 店長の本間です。

2010年、チェコでのライヴで、
観客の青年を死に至らせた容疑で逮捕されてしまった、
LAMB OF GODのフロントマンRandy Blytheですが、
無事に無罪判決が下されました!

2010年6月のライヴで、
ステージに上がってきた青年を、
Randyが突き落として、
青年が頭部に重傷を負い、
その2週間後に亡くなってとされています。

その後2年たった2012年6月28日、
ライヴのためチェコに再入国した際、
Randyは過失致死罪で逮捕され、
5週間にもわたって拘留されることとなりました。

もし有罪判決となってしまった場合は
5年から10年の懲役に服すことになってしまい、
バンドの活動に大きなマイナスとなってしまいますので、
全世界のメタルファンがこの裁判に注目していました。

裁判でRandyは
ショートカット、スーツで、
ライヴ中とはまったく別人のような姿で出廷、
無実であることと、
青年への哀悼の意を示しました。

 

もちろんRandyがファンをステージから突き落とすなんてことを、
するわけがないですし、
この日のライヴは警備がいい加減で、
バリケードが間違って配置されており、
警備の制止を振り切って、
青年がステージ上に上がり、
ダイブする姿が目撃されています。

警備の甘さや観客の証言などから
無事にRandyは無罪が確定しました。


ステージからのダイヴ、
モッシュ、クラウドサーフ、
サークル・ピット、
ウォール・オブ・デスなどの行為は、
ライヴ中の醍醐味でもあり、
観客にとって非常に魅力的な行為の一つでもあります。

その一方でHR/HMのライヴに限らず、
ダイブやモッシュが原因で
怪我や死亡事件など悲しいケースが起こってしまうこともあります。

ライヴにとってモッシュなどは切っても切り離せない存在ですので、
バンド、ライヴ主催者、会場スタッフ、そして観客は
このようなことが起こらないよう、
気を付けてライヴを楽しんでいかなくてはいけないですね。


本間辰也