メタルTシャツ|海外直輸入アイテム通販|METAL IS FOREVER

MASTODONがあの映画に曲を提供? (2012/12/07)

カオスティックでへヴィなサウンドで、
独自の世界観を作り上げ、
今やUSメタル界の新生代メタル界の中心となった
MASTODON!

2009年リリースのアルバム「Crack the Skye」では、
全米チャート初登場11位を記録し、
2011年リリースのアルバム「The Hunter」では、
チャート初登場10位を記録するなど、
衰えない人気を誇っています。

そんなMASTODONですが、
新曲をとある映画に提供することが決定しました!

映画に使用されたHR/HMといえば
ターミネーター2でガンズの「You Could Be Mine」。
End of Daysで同じくガンズの「Oh My God」
アイアンマン2ではAC/DCが
「Shoot To Thrill」をはじめ、
映画全編にAC/DCの曲がフィーチャーされました。


今回MASTODONが楽曲を提供したとされるのは
なんと「モンスターズ・インク」の新作、
「モンスターズ・ユニバーシティ」!

「モンスターズ・インク」といえば、
ディズニーとピクサー製作のCGアニメ。

モンスターが活躍するアニメですが、
ディズニーとピクサー製作ですので、
基本は子供向けのアニメ。

子供向けアニメとMASTODON。
はっきりいってまったく合いそうにない、
対極に位置するものですが、
一体どうなってしまうんでしょうか?

MASTODONのFACEBOOKページに、
このニュースは掲載されていたようですが、
現在は削除されている模様。

本当にMASTODONの曲が使われるのかどうか、
いまだ半信半疑ですが、
続報が非常に気になります。

ところでMASTODONですが、
人形劇を使ったこんなPVも公開しています。
 

見た目はかわいらしい人形劇ですが、
中身はへヴィサウンドに合わせたような、
暴力的でカオスティックな内容(笑)

このPVを見ていると
MASTODONをモンスターズ・インクに使っても
いいんじゃないかと思ってしまいました(笑)

本間辰也