メタルTシャツ|海外直輸入アイテム通販|METAL IS FOREVER

ロックの殿堂授賞式! (2012/04/18)

アクセルのロックの殿堂入り辞退というニュースがありましたが、
4/14(土)に無事ロックの殿堂セレモニーが行われました!

アクセルは表明通りに参加しなかったのですが、
イジー・ストラドリンも不参加。

元ガンズ組としては
スラッシュ、ダフ・マッケイガン、スティーヴン・アドラー、
マット・ソーラム、ギルビー・クラークが参加し、
アクセルの代わりのVoとして、
スラッシュのソロでもVoを務めた、
ALTER BRIDGEのマイルズ・ケネディが参加。

ステージでは「Mr Brownstone」「Sweet Child O'Mine」「Paradise City」をプレイし、
セレモニーでアクセルの名前が読み上げられるたびにブーイングをしていたファンも、
ライヴには納得したようでした。
(ちなみにスラッシュ、ダフ、スティーヴンが一緒に演奏するのは約20年ぶり!)

動画も上がっていますが、
歌はめちゃめちゃうまいです。



今回の式ではアクセルが欠席しましたが、
他にも欠席が多数。

ビースティー・ボーイズのアダム・ヤウクは
理由は明らかにされていないものの、
現在癌と闘病中のため欠席。
ザ・フェイセスのロッド・スチュワートは健康問題にて欠席。
(風邪のためドクターストップらしいです…)
レッチリの前任ギタリスト、ジョン・フルシャンテも欠席と、
今回は非常に欠席者が多い授賞式となりました。

ガンズの殿堂入りスピーチを行ったGREEN DAYの
ビリー・ジョー・アームストロングは
アクセルのことを「彼は史上最高のフロントマンだった」とコメントし、
だふは「今夜ここに誰が居るかは問題ではないと思う。
これらのバンドが演奏した音楽が全てなのだから」とコメント。

アクセルがいないのは残念ですが、
オリジナルメンバーではなく、
現在のメンバーを尊重してのことのようですので、
スラッシュ、ダフらの意見はもちろん、
アクセルの意見も尊重したいと思います。

授賞式ですがレッチリがGive It Awayをプレイした後
スティーヴィー・ワンダーの「Higher Ground」に突入。
スラッシュやGREEN DAYのビリー・ジョー、
ロン・ウッドらがステージになだれ込んで、
全員でジャムセッションを行い、
かなり盛り上がったようです。

さっすがはアメリカという感じですが、
日本でもこんな感じで授賞式の後にジャムセッションすれば
盛り上がりそうなんですけどね〜!

なんにせよおめでとうガンズ!


本間辰也